重誓偈

仏説無量寿経」の一部。「重誓偈」は、「重ねて誓う偈」であり、四十八の誓願を建てた法蔵菩薩が、必ずこの願を成就して衆生を救うことを重ねて誓われたものである。

経段

我建超世願(がごんちょうせがん) 必至無上道(ひっしむじょうどう) 此願不満足(しがんふまんぞく) 誓不成正覚(せいふじょうしょうがく)
我於無量劫(がおむりょうこう) 不為大施主(ふいだいせしゅ) 普済諸貧苦(ふさいしょびんぐ) 誓不成正覚(せいふじょうしょうがく)
我至成仏道(がしじょうぶつどう) 名声超十方(みょうしょうちょうじっぽう) 究竟靡所聞(くきょうみしょもん) 誓不成正覚(せいふじょうしょうがく)
離欲深正念(りよくじんしょうねん) 浄慧修梵行(じょうえしゅぼんぎょう) 志求無上道(しぐむじょうどう) 為諸天人師(いしょてんにんし)
神力演大光(じんりきえんだいこう) 普照無際土(ふしょうむさいど) 消除三垢冥(しょうじょさんくみょう) 広済衆厄難(こうさいしゅうやくなん)
開彼智慧眼(かいひちえげん) 滅此昏盲闇(めっしこんもうあん) 閉塞諸悪道(へいそくしょあくど) 通達善趣門(つうだつぜんしゅもん)
功祚成満足(こうそじょうまんぞく) 威曜朗十方(いようろうじっぽう) 日月輯重暉(にちがつしゅうじゅうき) 天光隠不現(てんこうおんぷげん)
為衆開法蔵(いしゅうかいほうぞう) 広施功徳宝(こうせくどくほう) 常於大衆中(じょうおだいしゅうちゅう) 説法獅子吼(せっぽうししく)
供養一切仏(くよういっさいぶつ) 具足衆徳本(ぐそくしゅうとくほん) 願慧悉成満(がんねしつじょうまん) 得為三界雄(とくいさんがいお)
如仏無碍智(にょぶつむげち) 通達靡不照(つうだつみふしょう) 願我功慧力(がんがくえりき) 等此最勝尊(とうしさいしょうそん)
斯願若剋果(しがんにゃっこっか) 大千応感動(だいせんおうかんどう) 虚空諸天人(こくうしょてんにん) 当雨珍妙華(とううちんみょうけ)

生駄 真

2013年6月3日 一部読み仮名の間違いを修正


2012/10/26 掲載