2012年度深津組念仏奉仕団

2012年10月29日~30日、本願寺の清掃奉仕と東寺特別拝観、参加費一人32,000円、全行程バス、38名参加。

御影堂

埋め木

御影堂掃除

飛雲閣

お晨朝参拝

東寺五重塔

念仏奉仕団は、ユネスコ世界遺産である本願寺の清掃を通して、本山とのご縁をつなぎ、浄土真宗のみ教えを学び、生活を省みることを目的として開催されています。深津組では例年秋に参加しています。

初日はまず大谷本廟にお参りし、市内で昼食を頂いた後、奉仕活動に参加しました。

本願寺の廊下には、「埋め木」と呼ばれる隠し絵があります。写真はひよこですが、他にも色々と隠されています。掃除をしながらそれを探すのも楽しみの一つです。

奉仕の後、国宝「鴻之間」で抹茶接待を受けるのは念仏奉仕団の特権です。天皇陛下等がお使いになることを前提に作られた部屋で、国宝の間で飲食できるという話は他では聞いたことがありません。

京都三閣のうち、唯一非公開となっている飛雲閣も、この時に拝観できます。非公開ゆえに金閣銀閣ほど有名ではないかもしれませんが、「豊臣秀吉の聚楽第」と言えば誰でも歴史で習うことでしょう。飛雲閣は聚楽第の一部で、今にも乙姫の出てきそうなかわいらしい建物です。

次の日は朝6時のお晨朝(朝の勤行)に参拝しました。暗い本堂の中、光り輝く内陣は、山頂のご来光のような厳粛で美しい様相です。

奉仕の後は、法話・仏事研修・表彰式とあります。深津組からは、今年で10回目の参加となる佐藤さんが表彰を受けられました。

ご門主とともに記念撮影をした後、東寺に参りました。普段は非公開の五重塔内部や、観智院、小子房も見せて頂き、書院でお茶を頂きました。


2012/10/31 掲載